学校長からのご挨拶

president-img

  私たち北九州日本文化学院は、福岡の第二の都市である北九州市にあります。福岡県のある九州は、日本で最も古くからアジアとの交易、交流の歴史があり、アジアの物と人と文化が様々に織りなして風土を作り上げてきました。現在、福岡の国際線はアジアの多くの都市とつながり、また経済的な結びつきも非常に深まっています。そのような福岡の歴史を背景に、北九州日本文化学院では主に中国、ベトナム、ネパール等のアジアの学生が学んでおります。この福岡が日本全国で東京に次いでまたは大阪に次いで2番目、3番目に留学生数が多いことを物語っています。

  私たち北九州日本文化学院は、「多文化共生」社会の実現を目指しています。異なる国、地域、民族、宗教を持つ若い人が、これらのカテゴリーを超え、世界で活躍、飛躍していく第一歩としてふさわしい学校です。私たち北九州日本文化学院は、皆さんの夢と希望を叶える学校です。

進学コース(2年 or 1.5年)

留学ビザ取得までの流れ

1. 入学申込・申請書類提出(学生)
2. 在留資格認定証明書交付申請(本校)
3. 在留資格認定証明書交付(出入国在留管理庁)
4. 学納金納入(学生)
5. 入学許可書、在留資格認定証明書送付(本校)
6. ビザ申請(学生)
7. ビザ発給(現地の日本大使館、領事館)

出願資格

本校の出願資格は、下記のすべての条件をいずれも満たしていることとする。
1. 12 年以上の学校教育を修了した者。原則として入学時満18 歳以上で、高校卒業者は21歳以下、短期大学卒業者は24 歳以下、大学卒業者は25歳以下の者。
2. 日本語能力試験N5レベル以上の能力、もしくは150 時間以上の日本語学習歴を有する者。
3. 学費、生活費など経費支弁能力がある者。
4. 本校の学則、その他の規則等を遵守できる者。

提出書類

1. 入学願書・修学理由書(本校所定の用紙)(ここをクリックすれば書式がダウンロードできます)
2. 日本語能力証明書(日本語能力試験N5レベル以上の合格証、もしくは150 時間以上の日本語学習証明書)
3. 最終出身学校の卒業証明書
4. 最終出身学校の成績証明書
5. 在学証明書(在学中の場合)
6. 在職証明書(在職中の場合)
7. 写真(4cm×3cm)8枚(3ヶ月以内に撮影したもの)裏面に氏名・生年月日を記入すること
8. パスポート又は身分証明書のコピー
9. 経費支弁書(本校所定の用紙)(ここをクリックすれば書式がダウンロードできます)
10. 預金残高証明書
11. 申請者と経費支弁者の関係を証明する書類(戸籍謄本・住民票等)
12. 経費支弁者の在職証明書
13. 経費支弁者の収入証明書
※ その他、国籍により提出書類が異なりますので詳細は事務局にお問い合せ下さい。
※ 過去に留学又はその他のビザ申請歴がある場合は必ず申告して下さい。

出願期間(書類提出期限)

4月期生 9月1日~11 月20 日必着
10月期生 3月1日~5月20 日必着
※ 国により提出期限が異なりますので詳細は学校にお問い合わせ下さい。

短期コース(聴講生)

本校では、短期滞在ビザ(90日)での、短期留学希望者やビジネス、家族、結婚、ワーキングホリデービザなど、日本国内に長期滞在している外国人のために、本科の授業を短期間聴講する制度があります。カリキュラム、授業時間、休日などは正規コースに準じます。

入学時期

原則として、4月と10月。(クラス定員、レベル等の状況により個別に審査します)。

提出書類

1. 入学願書(本校所定用紙)
2. パスポート、在留カードのコピー

奨学金

成績・人物ともに優れ、他の模範となる学生には、日本政府の奨励金等の他に本校独自の奨学金制度があり、年間で多くの学生が受給しています。

全国日本語学校連合会学習奨励費

学業状況・人物ともに優れた学生に対し、我が国と諸外国との教育交流の発展、相互理解及び平和友好を増進するため、全国日本語学校連合会より奨励金が支給されます。

本校奨学金

本校では学業状況・人物ともに優れ、他の模範になる学生に対して、年に二回、奨学金を支給しています。

北九州市国際交流協会留学生奨励金

北九州市内で進学した留学生対し、学習活動を奨励するとともに、安定した勉学の条件整備を図り、地元推進を目的に奨励金が支給されます。